愛知県豊橋市神明町112-1 大手ビルA棟104


一見、大人のジャングルジムの様な仮設足場。
工事現場によく見られるが、これは絶対に欠かせない存在です。
さて一体、何のために足場を組むのでしょうか?
その用途や種類は実に様々で、工事現場だけに留まらず、
催しなどの会場設営、舞台ステージや照明架台など。
目的によって使われる材料や、名称も変わってきます。
その中でも私たちの最も身近にある足場といえば、
建物の外周部に組まれている外部足場ではないでしょうか。
これは、建物の外壁工事用の足場で、工事中の建物をすっぽりと隠すように、
シートやパネルで囲ってしまう事で、足場の隙間や端部からの墜落や、資材の落下を防ぎます。
さらには、現場内からの飛散や騒音を防止する役目も兼ねています。
そして、足場を組む上で最も重要な事は、
いかなる危険な場所でも、そこで作業をする人すべてが安全に、
かつ仕事をしやすくすることです。


特徴①

特徴②

特徴③

ほとんどの仲間が未経験者からスタートしてます。
未経験からのスタートでも約3か月後には立派な戦力として成長します。
本格的に職人になるには時間がかかりますが、体力的にも人間としても成長でき、 手に職をつけたい方におすすめです。

職人仕事ならではの奥の深さ
足場は用途によって、色々な種類の足場を使い分けをします。
その用途も様々です。コレにはこう、と言った型にハマるマニュアルなどはなく 現場をみて、その場ですぐさま考えます。
さらには、組立解体手順まで考えてから、はじめて作業に取りかかります。
これらの段取りを完璧にこなすには、職人としてかなりの経験が必要となるのです。
足場とはいかに材料を少なくし早く美しい、
そして一番重要なのは足場を使う業者が使いやすく安全であるか。

一流の足場鳶職人は、まさに芸術家だと思います。

とても重要な仕事
一昔前、その仕事内容の凄まじさから、現場では『鳶』は、神に近い存在とされていました。
まず、どの業者よりも先に工事現場に乗り込み、仮囲い(工事現場の柵)を組んでいきます。
また、命を落とす危険がある場所へも真っ先に乗り込み、他業者の為の足場を組んでいく。
このように、常に鳶が仕事を先行していくのです。つまり、鳶がいないと工事が進まないのです。
そのぐらい重要な仕事ということです。

豊橋市で足場などのガテン系、日払い、求人情報は英興業

愛知県豊橋市神明町112-1 大手ビルA棟104